緊急入院⑨絶望という名の用紙にサイン。赤ちゃんの運命は・・・

詳しい説明を受ける

monshin_doctor_serious

その日、
夫くんと一緒に診察室にいました。

先生が時間をかけて、
エコー検査をしてくれます。

心配していた
羊水の量は変化なし

ということで、
とりあえずほっと一安心です。

夫くんは仕事の都合で、
今まで一度も妊婦健診に
立ち会うことができませんでした。

皮肉にも、今回がエコーでの
初めての赤ちゃんとの対面です。

夫くんは、
モニターに釘付けになっています。

赤ちゃんは元気に
もにょもにょ動いています。

診察が終わった後、
先生の説明がありました。

先生が用紙にいろいろと書き込みつつ、
これから赤ちゃんに起きるであろうことを
詳しく説明していきます。

超楽天的な人でも、
こんな説明を聞いたら
ひどく落ち込むでしょう。

どのように解釈しても、
赤ちゃんの運命は非常に暗いものでした。

先生がボールペンで書き込んだ用紙にも、
どこにも明るい未来なんて
1つも見つけることはできませんでした。

この先救いようのないできごとが、
赤ちゃんの身に
確実に待ち受けている
ようです。

羊水がなくなるということは・・・

赤ちゃんがどうなるか・・・

私と夫くんは、
静かに先生の話に耳を傾けていました。

平安に包まれる

ninshin_couple

本来ならそんな話を聞いたお母さんは、
激しく動揺することでしょう。

泣き叫んでいるかもしれません。

しかし、私はそのとき
不思議な平安に包まれていました。

大丈夫。そんなことにはならない。

どこからか、
そういう思いがやってきました。

先生にうながされて、
“絶望”という名の用紙に

「説明を受けました」という
サインをします。

私は診察用ベッドに横たわりながら、
上半身だけを起こしてのサインです。

車椅子に乗せられて、
再び病室へと帰ってきました。

カーテンで仕切られたベッドの傍で、
夫くんは輝くような笑顔でこう言いました。

「そんな事にはならないから。
大丈夫だよ。」と。

夫くんは嬉しそうに笑っていました。

「そうだよねー。大丈夫だよねー。」
私も笑っていました。

なぜだか、2人とも
「赤ちゃんは大丈夫。」
そんな思いに満ちあふれて
いました。

つづく・・・

 

クリックしてもらえると嬉しいです!よろしくお願いします!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

高齢妊婦生活㉓妊娠中「仰向きで寝る」のはダメなのか
緊急入院生活㉓張り止め薬とお友達
高齢妊婦生活①赤ちゃんの雑誌を買う
高齢妊婦生活⑫嵐の前の静けさ・・・悪夢・・・
高齢妊婦生活⑩マタニティーマークを付けるかどうか大いに迷う
緊急入院③待っていてくれた
高齢妊婦生活⑪「妊娠線予防クリームはどれがいい」「毛がボーボー」
高齢妊婦生活㉗虫歯の怖い話
出産の入院準備はいつからはじめたらいいのか。化粧品は何がいいのか
高齢妊婦生活㉔赤ちゃんを守るために。「ドアの取っ手に注意する」 
入院中に清潔を保つには。no,2
高齢妊婦生活②赤ちゃんの雑誌を買うno2
高齢出産の現実⑥出産後お腹が出っ張ったまま
高齢妊婦生活㉘帝王切開決定でも帝王切開は「保険がきく」
緊急入院⑯入院中の食事はどんな感じ?

Mid

HOME

TOP