緊急入院③待っていてくれた

車いすに乗って・・・

chair1

エレベーターの中で、私と夫くんは無言でした。

黙っていると、涙がとめどなくあふれてきます。

夫くんに泣いている姿を見られたくなくて、意味もなく、エレベーターの壁を眺めていました。

ティッシュで涙と鼻水をさりげなく拭きます。

このとき、かばんの中に、いつも大量にティッシュペーパーを入れておいて良かったと心の底から思いました。(ちなみに、携帯歯ブラシと歯磨き粉もカバンの中へ入れておけば良かったと、後から悔しがりました。前期破水!羊水が出てしまう その2参照))

そうこうしているうちに、ついに産婦人科病棟へと到着しました。

先生が待っていてくれた

doctor

そこは、いつも妊婦健診をしている、一般の産婦人科ではありませんでした。入院病棟の中にある、産婦人科の診察室へと連れてこられたみたいです。

車椅子を押してもらいながら、診察室へと近づいていきます。

遠くに、診察室から男の先生が顔だけ出して待っているのが見えました。

無言で頭を下げると、先生も軽く会釈され、すぐに診察室のカーテンの奥へと消えて行かれました。

あぁ、産婦人科の先生が待っていてくれたー!!!

車椅子に乗っているのでジャンプは出来なかったけれど、ジャンプアップしたいくらい嬉しかった!

はちきれんばかりの喜びに満たされつつ、車椅子から降りてすぐに診察開始です。

床一面血まみれになる

medical_ketsueki

しかし、出血が止まらない

診察してもらう前に、不覚にも診察室の床を血まみれにしてしまいました。

慌てて看護師さんに、「血が止まらないんですけど。どうしたらいいですか?」と助けを求めました。

看護師さんは、流れ落ちる血にも動揺せずに、ささっと慣れた手つきでティッシュペパー等で血をぬぐって処置をし、診察できるよう手助けをして下さいました。(本当に有り難かったです。看護師さん、有難うございました。)

そして、何とか診察をしてもらうことになりました

(ちなみに、私は、診察はできれば女医さんでお願いしたいタイプです。不妊治療専門病院も、女医さんが診察されている病院に通いましたし、(不妊治療専門病院を探す 参照)普通の診察も、できれば女医さんに診てもらいたいなーと今でも思っています。

でも、この時は違いました。

皮膚科のお医者さんでも、眼科のお医者さんでもいいから、とにかく診てください!!!という切羽詰まった状態でした。診察してもらうだけで有り難い。本当に嬉しかったのです。)

しかし、診察をしてもらっている間も、血がとめどなく流れ続けています。全く止まる気配がありません。「大丈夫なんだろうか?」だんだん不安になってきました。

つづく・・・

 

クリックしてもらえると、喜びます!よろしくお願いします!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

http://babywhappy.com/wp/wp-admin/theme-editor.php?file=functions.php&theme=principle

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

高齢妊婦生活⑨プレママ・パパ教室へ行ってくたびれる
緊急入院④前期破水「羊水が出てしまう」その1
高齢妊婦生活⑳臨月まで運動をしてはいけない
高齢妊婦生活⑭「昆布」には要注意。食事に気をつける
高齢妊婦生活⑰便秘でおもいっきりお腹に力を入れたら「出血」する
入院中でも気を付ける。「後ろ、後ろ!!!」
高齢妊婦生活㉔赤ちゃんを守るために。「ドアの取っ手に注意する」 
緊急入院⑳「残念ながら赤ちゃんはあきらめて下さい・・・。」
入院中に清潔を保つには。no,2
緊急入院⑭さすがプロ。凄腕看護師さん現る
緊急入院⑮恐怖体験!幽霊が出たよ
緊急入院する⑥緊急入院した日に胎動が始まる
緊急入院⑬入院生活で必要だった物
高齢妊婦生活⑯あごが外れそうになって「歯科検診」で困る
高齢妊婦生活①赤ちゃんの雑誌を買う

Mid

HOME

TOP