入院中でも気を付ける。「後ろ、後ろ!!!」

気をつけよう

cannontsleep

入院していたときに、「ぎょっ」としたことがいくつかありました。

ある日のことでした。

昼食も終わり、歯を磨いてベッドに横になっていたときのこと。

うつらうつらしていると、「シャー!」と勢い良くカーテンが開けられました。

意識がもうろうとしながらも、「誰か来たぞ。」と思いました。

ぼーっとしながら目を上げると、そこには、若々しい格好をした70歳くらいの初老の男性が立っていました。(うっすらと、ベレー帽を被っていたような記憶が・・・。)

私をジーっと見た後、「おっつ、失礼!」と言って、カーテンも閉めずに立ち去って行きました。

寝ぼけていたため、すぐには状況を把握できなかったのですが、とりあえずカーテンを閉めるために起き上がりました。

で、しばらくして思ったのが、「着替えの最中でなくて良かった~。」ということ。

「入院中でも、お着替えや体を拭くときは、誰か来る気配はないか耳をそばだてて、神経を張らないといけないなー。」と痛感しました。

後ろに誰かがいる!

pajama_girl

洗面台で洗い物をしているときのことです。

誰かが私の真後ろに立っている気配がします。

振り返ってみると、20代くらいの若い男性が立っていました。

私を凝視しています。

私が「?」という感じで見ていると、「げ」という感じで立ち去っていきました。

何だったのだろう・・・。(私のデカケツを見ていたのでしょうか。

意味がよく分からなかったのですが、とりあえず、「洗い物がパンツではなくタオルを洗っていたので良かった。と心底思いました。

入院中はとにかく病気を治すことに集中して、気が回らないことが多いですね。

その件以来、私はパジャマの上には、長い上着を羽織る(又は、腰に何か巻く)ようにして気をつけるようにしていました。

車椅子で移動中も!

chair1

また、別の日の話ですが、病院の廊下を車椅子で移動していたときのこと。

ズボンを何となくひざまでたくし上げていたら、視線をがっつり感じました。なんと、お見舞いに来ていたと思われる見知らぬ中年男性が、私の足を凝視していたのです。(身を乗り出すようにして見ていた。)

ギョッとして、それからは素足を見せないように、ズボンをしっかり下ろすようにしていました。

 

40代だからもう安心だろう(?)と思っていたらそうじゃなかった。入院中でもいろいろ気は抜けませんねぇ。(´Д`)ハァ…
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

お手数ですが、 クリックお一つよろしくお願いします!クリックしてもらえると非常に喜びます。(*’▽’) by モリモリ母さん

http://babywhappy.com/wp/wp-admin/theme-editor.php?file=functions.php&theme=principle

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

「おっぱいはどうなっているのでしょうか」
緊急入院⑩羊水が・・・!!!
高齢妊婦生活⑰便秘でおもいっきりお腹に力を入れたら「出血」する
緊急入院⑭さすがプロ。凄腕看護師さん現る
緊急入院①「出血が止まらない!」
高齢妊婦生活⑳臨月まで運動をしてはいけない
高齢妊婦生活㉑「胎動が激し過ぎる」赤ちゃんが生まれてくると・・・
高齢妊婦生活⑪「妊娠線予防クリームはどれがいい」「毛がボーボー」
入院中に清潔を保つには。no,2
高齢妊婦生活㉗「妊娠すると歯が抜ける?」虫歯の怖い話
緊急入院する⑦前期破水「安静にするしか方法がない」
高齢妊婦生活⑧買わなくても良かったもの
緊急入院⑬入院生活で必要だった物
高齢妊婦生活⑫嵐の前の静けさ・・・悪夢・・・
「帝王切開は怖いので自然分娩でお願いします。」とイエス様に祈る

Mid

HOME

TOP