高齢出産について思う⑦高齢出産とダウン症

高齢出産での心配事

medical_funin_couple

高齢出産をするにあたって、心配する事がいろいろと出てきます。

染色体異常、ダウン症、妊娠中毒の事とか、出産時での危険なこととか・・・。。

夫くんも私も高齢なので、「丈夫かしら。」と少し心配していました。

今の時代、40代50代~でも、外見がとても若く見える人が多いですね。

しかし、高齢になると、内臓ばかりではなく、着実に卵子や精子も老化していきます。

残念ながら人間も動物なので、妊娠・出産するのにも適齢期というのがあるのですね。

のんびりしすぎて、妊娠・出産適齢期を随分と過ぎてしまった私。

夫くんと真剣に話し合いました。

いろいろと心配な事はありましたが、それでも私達は赤ちゃんが来てくれるよう、不妊治療を開始することにしたのです。

高齢出産での赤ちゃん

akachan_family

高齢出産で生まれてくる赤ちゃんの人数は、若い世代で生まれた赤ちゃんよりも、かなり少ないですね。

高齢出産で生まれてきた赤ちゃんの母数が圧倒的に少ないため、懸念材料のパーセンテージが高くなるのじゃないかしら、と、ひそかに思ったりしていました。(もちろん、卵子の老化等が原因とも思うのですが・・・。)

なので、若いときに産んでも高齢で産んでも、実質あまり変わらないのではないかしら、とも思っていました。私の周りを見渡しても、高齢で出産された方の赤ちゃんは元気モリモリですもの。

そんな感じで、高齢で出産することに対して多少の不安はありましたが、さほど心配はしていませんでした。

(もちろん、イエス様に「元気な赤ちゃんが生まれますように」と、毎日お祈りしていました。)なので、あえて出生前診断はしませんでした

(「出生前診断はお金がかかる」というのもありまして、検査をする事にちゅうちょしたというのもあります。実際に検査をするとなると、20万くらい支出することになるのではないでしょうか。結局は金銭的な問題で出生前検査を見送ったというのも、大きな理由の1つです。)

しかし、私の思いとはよそに、夫くんをはじめ私の親や親戚も、私が出産するまで大変不安そうにしていました。

やはり、高齢出産は、赤ちゃんや母親の母体のことなど心配することが多いですから。(実際、高齢での出産後、私は緊急入院することになってしまいました。(悪夢の再来!大量に出血する 参照

そんな皆の心配をよそに、まるまると太った元気もりもりの赤ちゃんが生まれてきました。(でも、高齢での妊娠は油断ができません。赤ちゃんは一時危険な状況に置かれることになったのです。出血が止まらない 参照

今となっては高齢でも、勇気を出して頑張って不妊治療して、本当に良かったと思っています。

 

ブログランキングに参加しています!お手数ですが、クリックしてもらえたら非常に嬉しいです!よろしくお願いします!(*’▽’) by モリモリ母さん
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

http://babywhappy.com/wp/wp-admin/theme-editor.php?file=functions.php&theme=principle

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

体外受精⑯妊娠判定「後編」。移植1回で妊娠している!?
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑤体に良いと言われるものに切り替える
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑨栄養豊富なうなぎを食べる
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑲リラックスを心がける
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑱お化け屋敷には行かない
ついに検査突入へ。「卵管造影検査」「子宮鏡検査」をする
赤ちゃんを授かるために行った事⑫リラックスするためにある物を・・・
体外受精④ 自己注射の練習をする
高齢出産の現実④赤ちゃんを産んだら若返る?
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑳法事には出席しない
体外受精③ 意外!?自己注射はあまり痛くない
赤ちゃんを授かるために行ったこと④卵子の老化を遅らせるために食べたもの
体外受精⑤ 誰もいない部屋で1人ぼっちで自己注射
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑪夫くんの精子をなんとかする
noimage

Mid

HOME

TOP