いざ「CT検査へ」

産婦人科病棟からの脱出

胎盤が・・・!のつづき・・・
chair1

看護師さんが、「モリモリ母さ~ん。」
と言いながら、
車いすをベッドの近くまで運んできました。

別の病棟で診察を受るため、
車いすでの移動となります。

厳重なセキュリティーチェックのある
出入り口を通過し、
エレベーターに乗り込みます。

久しぶりに、
産婦人科病棟から脱出することが
出来たのですが、
全く心は弾みません。

この検査で、
もし重大な実事が判明したら・・・
と思うと、
自然と言葉も少なくなります。
出産後の多量出血の原因は 参照

ちなみにこの病院では、
車いすで他の病棟へ行くときには、
特定の看護師さんが
付き添われる
ようでした。

そうすることで、
病院からの患者の脱出を、
未然に防いでいるのかも

しれませんね。(脱走する 参照

あれこれ考えているうちに、
到着しました。

注射をされる

iryou_chusyaki

CT検査を受ける場所は、
薄暗いところにありました。

用事がない限り、ここへ来ることは、
なるべく避けたいと思われる場所です。

CT検査を受ける前に、
またも血液検査があります。

廊下の片隅の、もっと薄暗いところに
血液検査場がありました

周りは暗いは、
大嫌いな注射をされるはで、
なんだか気分も滅入ります。

ふと横を見ると、
小さいお子さんでしょうか。

隅の方で、布団らしきものを被って
寝ているみたいです。

(まだ小さいのに、
一人ぼっちで検査を受けるのか・・・。)

なんだか、少しため息がでました。

CTを受けるぞ

pajama_girl

番号を呼ばれました。

ついにCT検査を受ける時が
やってきました。

検査が問題なく行われるよう
鍵とか小銭とか、貴重品などを、
預かってもらいます。
(検査をするときは、
金具が付いているブラジャーは
付けておらず、
布やゴムのみで出来ている、
ランニングブラジャーなるものを
付けていました。)(おっぱいむき出し状態で 参照

入室する

kenkoushindan_mri_man

入室しました。

部屋の中に入ると、
まずはじめに、
白くて丸い大きな装置
目に飛び込んできました。

その丸い物体の前にある、
ベッドの上に横になるように
指示されます。

そして、
ベッドの上に「よっこらせ」と上り、
横になると、

何やら体の位置を調整し、固定され、
私は、ただ寝ているだけの人になりました。

そうこうしているうちに、
ベッドが勝手に動いて、
白い物体の中へと入って行くことに。
(この時、
ヘッドフォンを装着していたような
気がします。)

ちなみに、CT装置内では、
技師さんとマイクでやり取りができます
ので、
もし、気分が悪くなったりしても、
すぐに対応して下さるので安心
です。

ただ、その白い丸い物体の内部は
非常に狭いので、
狭いところが苦手という方は、
キツイ検査かもしれませんね。

私は、狭い場所も苦手ではなかった
ということと、また、
幸い気分も悪くはならなかったので、
スムーズに検査は進んでいきました。

CT検査はどんな感じ?

medical_shinryou_housyasen_gishi

マイクを通して、
たまに、息を止めるように指示されます。

かなり長い時間、
息を止めるように指示されたら
どうしようかと焦りましたが、
ほんの短い時間だけでした。

そして検査中、
ドーム内に結構大きな音がしていたのが
印象的でした。
(検査の時に出る音なのでしょうね。)

ちなみに、CT検査ではX線を使いますので、
検査を受ける前には、妊婦さんは必ず妊娠していることを
伝えないといけません。

気を付けてくださいね。

CT検査は痛い?

aprilfool_woman

安心して下さい。

検査自体は、痛くも痒くもありません。

ただ、私の場合は、
造影剤を静脈から注射されました。

注射が大の苦手なので、
これはちょっと辛かったですね。(泣)

頭がボケっとする

question_head_girl

妊婦さんは、
出産の恐怖をあまり感じないように
頭の回転が緩やかになる
言われています。

例にももれず、私も
妊娠中は頭が思うように回らなくて
大変でした。(妊婦は体がつらいよ 参照

しかし、
なぜかすでに出産も終えたというのに、
なかなか頭が元に戻らない
のには
閉口しました。

特に困ったのが、
このCT検査の時の、
技師さんの指示が
思うように理解出来ない

ということでした。

日本語を話されているということは、
分かるのですが、
その内容を瞬時に理解し、
判断するということが
できないんですね。

なんだか、
常に頭にボーっと霧がかかったような
感じです。

なので、
技師さんがあれやこれやと
何やら指示を出してくるのですが、
ほとんど何を言っているのか分からない
状態なので、
思うように体を動かせません。

なので検査前・最中も
技師さんの言うことを理解しようと
頭の中で必死になって考えていました。

検査が終わってからも、気は抜けません。

技師さんが、
またいろいろとややこしい(?)
指示を出してくるからです。

左手を降ろせだの、
なんだの非常に難しいことを
言ってきます。

しかし、私は、
「左手を降ろす?
何のことかよく分からないから、
そのままにしておこーっと。

と、左手をそのまま上げたままに
しておきました。

すると、技師さんが怪訝な顔をして、
私の手をむんずとつかんで、
下に降ろしてしまいました。

その後、このような事が
幾度となく繰り返されることに・・・。
(技師さん、あの時は、
頭が悪すぎていろいろと
すいませんでした。
本当にお世話になりました。)

しかし、ご安心下さい。

出産後、ものすごい時間が経過したために、
今ではちゃんとボケボケしていた頭も
一応元には戻っているみたいです!
(確信はもてませんが・・・。)

ということで、
なんとかCT検査も終わり
また看護師さんに車いすを押してもらって、
産婦人科病棟へ帰ることになりました。

つづく・・・

入院中は。診察や検査が多いですね・・・。(;´∀`)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。お手数ですが、お一つクリックよろしくお願いします!クリックしてもらえるとランキングが上がって非常に喜びます!(*’▽’)

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

赤ちゃんの予防接種はいつから始めたらいい?BCGを接種して腫れた時は?
amazonファミリーはお得なのか。メリットをご紹介
「赤ちゃんが離乳食を食べなくなった」のでしばらくお休みしてみた
点滴が外れる

点滴が外れる

高齢出産後のママの体調は?いつごろから元気になった?
赤ちゃんが7カ月目に突入。どのベビーカーがいいのか大いに迷う
抱きぐせが付くから抱っこはしない方がいい?!それでも抱っこするのよ
血の臭いがまとわりつく・・・
高齢出産後は「産後ケアセンター」でママも赤ちゃんもゆったり過ごそう
出産祝いのお返し(内祝い)はおしゃれでおいしいお菓子を送ろう!
お餅や甘い物で乳腺炎になった?6カ月でおっぱいはあっさり卒業。
赤ちゃんの下痢が2週間止まらない!原因はミルクの飲ませすぎ?
出血の状態は・・・
noimage
生協の宅配「おうちCO-OP(おうちコープ)」でおむつや食材をお得に買おう

Mid

HOME

TOP