ポリープと子宮筋腫摘出手術⑤手術当日にハプニング発生

手術室へ移動する

kensagi_blue

 

手術当日、恐怖の浣腸 の続き)血栓予防のため、弾性ストッキングを履きます。

頑張って自分で履いたものの、かなり履き方を間違えていたようで、看護師さんに直してもらいました。(緊張していますからミスをしますね。)

手術着に着替えます。

手術着の下はです。(安心して下さい。手術用紙パンツは履いてますよ。)

ブラジャーは付けていないため、移動するときにおっぱいぽろりになったら大変!なので移動時は、バスタオルをしっかりと胸に当てて移動することになりました。ちなみに左手には、しっかりと点滴の針が刺さっています。( ;∀;)

頭の中は「手術怖い」という文字で一杯。もう、どうしよう状態ですね。

「怖い、どうしよう、大丈夫かな・・・。」と、うだうだ考えていると、ついに手術室の前まで来てしまいました。意を決して中へと入っていきます。

青い服を着た看護師さんが、数人待機されています。

「手術直前のポリープ・子宮筋腫摘出手術」の説明をしてもらったのですがガクブル状態で全く頭に入りません。

自動ドアのすぐ向こう側には、手術室が待ち構えています。

再び「緊張してますか?」のあのムカッとくるセリフを耳にした後、自動ドアが開いて、手術台の方へとゆっくり移動していきます。

ついに手術台へ上がる

c-_users_z33_desktop_medical_shujutsu

ついに手術台へ上がりました。

看護師さんが手ぎわよく、手術着のマジックテープの部分を外していきます。

しかし、ここでハプニング発生!

なんと、片方のおっぱいが丸見えなっているではありませんか!

しかも、看護師さん、誰も気付いてくれませんこのままだと、片乳はみだしたままで手術をされてしまします。

焦りました。

焦りまくっている私をよそに、皆さん自分のお仕事に一生懸命で、誰もまだ私の乳には気づいてくれません。

仕方がない。

自分でこっそり直しました・・・。

方乳を収納してほっとしたのも束の間、全身麻酔のための液体が点滴から注入されました。(これ、少ししみるんです。

そして数を数えている間に、完全に意識を失いました。

全身麻酔をされている間、三途の川が見えたり、天国へ行きそうになったりと、不思議な体験をした人もいるという話を聞いていたので、私の身にも何かが起こるのではないかと少し期待していました。

でも、残念ながら全くそういった不思議な現象は起きず、ただ爆睡していました。

どれだけ時間が経過したのでしょうか。

モリモリ母さん!!!」そう呼ばれて“ハッ!”と意識が戻りました。

いきなり目に飛び込んできたのは、口から出ている管でした舌を噛まないための処置です。)

手術終わったんだなー。)と思いながら、再び深い眠りに落ちて行きました。

 

ブログランキングに参加しています。
お手数ですがクリックよろしくお願いします!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

ポリープ・子宮筋腫摘出手術①おっぱい大事件
体外受精② 自己注射教室へ行く
体外受精⑭移植後に不思議なことが・・・
不妊治療専門病院をついに卒院する
ついに不妊治療専門病院へ行く
体外受精⑮妊娠判定「前編」。出血がはじまる
体外受精⑬移植をする
高齢出産の現実③ものすごい花粉症になる
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉘妊娠しやすそうな服を着る
体外受精⑫採卵2回目
ポリープ・子宮筋腫摘出手術②お金と時間の無駄を避けるには
高齢出産について思う⑥不妊治療して良かった?
赤ちゃんが欲しい!!!
高齢出産について思う⑤不妊治療をして良かった?
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉗不妊治療専門病院で友達を作らない

Mid

HOME

TOP