体外受精「番外編」自己注射の怖い話

怖い話1

iryou_chusyaki

今までブログに散々書いてきたとおり、私は注射が大の苦手

注射は痛いは怖いはで自己注射をすることになるというだけで、体外受精を止めようと思ったほどです。(体外受精①「不妊治療止めます」 参照

しかし、赤ちゃんがやって来てくれるかもしれないという、一るの望みをかけて、必死の思いで自己注射をしてきました。

(ちなみに、私の通っていた、不妊治療専門病院の自己注射の方法は、おへそを中心として、上下左右に注射をしていくというやり方でした。(他の病院もそうなんでしょうか。))

あるとき、お腹のお肉をむぎゅーとつまんで注射をしようとしたのですが、「腹に向かって横から突き刺すのか、垂直に突き刺すのか?」注射をどのように突き刺していいのか迷ってしまいました。(←今まで適当にしてきたので。)

ある日、看護師さんに尋ねることにしました

すると、看護師さんはこうおっしゃいました。「お腹のお肉をつまんで、そのお肉の上から(お腹に対して垂直)に注射してくださいね。

お肉の横の方向から注射すると、注射針がお腹の肉から突き抜ける可能性がありますよ」と。

私は、おもわず、「ぎょえ~。」と言いそうになりました。(一瞬「ムンクの叫び」の絵が思い浮かびました。)

「腹の肉から針が突き抜けるだと!!!そんなホラー映画のようなことが起きるなんて!!!」

そんなことは、絶対に阻止しないといけません。

それからというもの自己注射のときは、腹の肉をむぎゅっと大量につかんで、腹の上から慎重に、垂直に注射をするようにしました。(ちなみに、お腹のお肉につまみ方は、私は右利きなので、左手で、横からむぎゅっと肉をつかむ感じで行っていました。)

怖い話2

sick_chuusya

自己注射をするとき、「何時何分に注射をするように。」と時間指定をされるときがあります。

その日、なぜかボケーとしていて、注射をしないといけないと“はっ”と気がついたのが、指定された時刻の5分前でした。

慌てて、手を洗いに行き、注射セットをテーブルの上に広げ、腹を消毒し、震える手で注射をすることに。

注射をする前に時計を確認したのですが、なんと指定された時間を約1分ほど経過していました。

。」

と思ったのですが、「ま、いいか~。ちょっとだけ過ぎたくらい大丈夫でしょう。」と思い、そのまま注射してしまいました。

その後、ちゃんと採卵できたので良かったのですが、本当はまずかったのではなかったかと思っています。(反省)

病院の指示通り行わなくて、問題が起こったら大変!!!

何かハプニングが起こった場合、病院の方へ電話をして、指示を仰いだ方がいいと思います

私のような真似は絶対にしないで下さいね。

 

その他、ここでは書けないやらかしたこと多数・・・。(;・∀・)
ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)

にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

Mid

HOME

TOP