「陣痛促進剤」で出産してみよう

出産予定日が過ぎる

ninpu_onaka

出産予定日が
しれーっと過ぎ去ってから数日後、

陣痛促進剤を使って
出産をすることに
なりました。

今回の入院は、お産での入院です。

なので、前回の
緊急入院の時とは全く違って

(出血が止まらない 参照)
気持ちも晴れやかでした。

陣痛促進剤を飲む

medicine_bin

陣痛を促すということで、
お薬を飲みます。

看護師さんに見守られながら、
薬を1粒飲むことに。

どきどきして、
その時が来るのを待ちます。

しかし、
陣痛はなかなか来ません。

数時間後、再びお薬を飲むことに
なりました。

しかし、まだ陣痛は来ません。

ベッドに横になっている事に飽きた私は、
病院に備え付けのお茶を
汲みに行くことにしました。

廊下をスタスタ歩いている私に、
看護師さんから

「お~、まだ余裕ですね~。」
と声をかけられることに。(;´∀`)

陣痛なんて余裕なんじゃな~い?」と、
そのとき私は
陣痛を軽く見ていました・・・。

点滴に切り替わる

medical_tenteki

飲み薬では陣痛が起きなかったので、
とうとう点滴での投薬が
開始される
ことになりました。

注射です。最悪です・・・。
(私は注射が大の苦手。
(体外受精①私、不妊治療止めます! 参照)

でも赤ちゃんに会うために、
お母さんは耐えなければなりません。

しかし、点滴に切り替えても、
何も変化は起きませんでした。

しばらくして、
ついに陣痛らしきものが
起こることに!

「少し痛いかな~。」という感じで、
その時は、まだまだ余裕
ありました。

「ぐぬぬぬ・・・。」

だんだんと痛みが強くなってきます。

陣痛の起きる間隔も、
短くなって
きました。

陣痛の痛さはどんな感じ?

ninshin_jintsu

陣痛促進剤を使った、
プレ陣痛といった感じでしたが、

これがもう、強烈に痛い!

痛すぎて、
身の置き場がないって感じです

雑誌に載っていた、
陣痛の時に行う呼吸法というのを
やってみたのですが、

全く役に立ちません。
(あれだけ練習したのに・・・。)

今まで生きてきた中で、
一番痛い
言ってもいい
くらいの痛さです。

次から次へとやって来る
陣痛の波にもみくちゃにされ、
あまりの痛みに

「助けてー!」
と叫び出す寸前でした。

しかし、恐ろしいことに、
これはプレ陣痛。

本番の陣痛は、
おそらくこれ以上でしょう。

身震いしました。

赤ちゃんが!!!

taiji

一旦休憩が入り、
ホッとしているのも束の間、
先生が来られました。

プレ陣痛の痛みでげんなりしている私に、
先生がこうおっしゃいました。

「実は赤ちゃんが
急に元気がなくなってしまった

んですよね。

帝王切開がいいと思うのですが・・・。

どうしても
自然分娩で産みたいと言われるなら
そうしますが・・・。」

私は渡りに船とばかり、
帝王切開でお願いします!
と即答しました。

苦しがっている赤ちゃんを
助けるために、

一刻も早く
外に出してあげないと!

焦りました。

あの陣痛で私も大変だったけど、
赤ちゃんも苦しんでいたんだと思うと、

いてもたってもいられない気持ちに
なりました。

今すぐにでもお腹をスパーンと切って、
赤ちゃんを出しちゃって下さい!

と言いたい気持ちを、
ぐっとこらえるのに必死でした。

実は私、陣痛促進剤を使っている最中に
思っていた
のですが、

自然分娩では産めないと
はっきりと確信することに。

あの痛さには、
耐えられません。

若い人なら体力があるから、
何とか乗り越えられるかも
しれません
が、

私には無理。

なぜなら、私は40代。
高齢で体力がない
から。

自然分娩だと、
あの世へ行ってしまうと
本気で思いました。( ;∀;)

あれだけ嫌がっていた帝王切開。
「帝王切開は怖いので自然分娩でお願いします。」とイエス様に祈る 参照)

しかし、
今は帝王切開を
したくてたまりません。

あぁ、待ち遠しい帝王切開!!!(/・ω・)/

その日の夜に、
夫くんと一緒に
先生からの手術の説明を受け、

明日の帝王切開へと
臨むことになりました。

 

いざ、帝王切開へ!∠( ゚д゚)/

にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

ついに腹切り決定!お手数ですが、 クリックお一つよろしくお願いします!クリックしてもらえると、ランキングが上がって、非常に喜びます。(*’▽’) by モリモリ母さん

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

Mid

HOME

TOP