イエス様に「赤ちゃんを授けて下さい。」とお祈りする

私はクリスチャン

jujika

私はイエス・キリストを信じる、
クリスチャンです。

私達夫婦のもとには、
なかなか赤ちゃんが
やってきれくれません
でした。

今まで、教会で、
イエス様、
赤ちゃんをお授け下さい。
アーメン
。」
とお祈りをするも、

なかなか
祈りは聞かれる様子はありません

いつかは、
赤ちゃんが来てくれるだろうと
のんきにしていたら、

あっという間に
30代後半へと突入

このまま赤ちゃんが
やってきてくれなかったら困ると焦り、

勇気を出して不妊治療をしようと、
不妊治療専門病院の門を叩くことに。
ついに不妊治療専門病院へ行く 参照

(不妊治療専門病院へ電話予約をするとき、
受話器を持つ手は震えるは、

心臓が激しくバクバクするはで、
本当に勇気を振り絞っての電話でした。)

体外受精「移植1回」で妊娠できたよ

akachan_kounotori

予想以上に
不妊治療・体外受精は大変
でしたけれども、

なんと移植1回で、
無事妊娠
することができました。
体外受精⑯妊娠判定「後編」。移植1回で妊娠しているのか 参照

(もちろん、毎日、イエス様に、
「元気な赤ちゃんを授けて下さい」
とお祈りをしていました
。)

これまで私は、結婚したら、
すぐに妊娠して出産できるとか、

命に対して、
結構軽く考えている部分があり、

私自身がこの世に生まれてきたことに、
あまり重みを感じていないところが
ありました。

不妊治療を開始したのが
30代後半だったので、

ひょっとしたら、私達のもとには、
子供がやってきてくれないかもしれないと、

半分子供について
あきらめていたろころがあったため

妊娠出来た時の喜び、
無事出産出来た時の喜びは、
それはそれは大変なものがありました。

おまけに40代での超高齢妊娠・出産

自分自身も、
命をかけて出産する
といった感じもありました。

だから、つらい不妊治療・体外受精を通して、
命の大切さ、重み、そして、

この世に生まれてくるということが
どんなにすごくて美しいことかということが、
骨身にしみて理解できました。

私が自然妊娠せず、
不妊治療・体外受精で妊娠・出産したことに、

何か意味があるのでしょう。
(イエス様のお考えなのでしょうね。)

高齢での出産・育児は
いろいろと大変
だけれども、

元気に笑っている赤ちゃんを
この手で抱っこをすることができ、

本当に有り難いな~幸せだな~
感謝だな~と
毎日のように思っています。

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

Mid

HOME

TOP