体外受精⑨座薬での採卵は痛いんでしょうか?

採卵へのカウントダウンがはじまる

kensagi_blue

いよいよ卵子を取り出す施術の日がやってまいりました!

はやる気持ちとは裏腹に、ここで少し嫌なことを思い出しました。採卵の施術はとても痛いんだそう・・・。

でも、自己注射よりはましだろうと勝手に思い込んでいたのと同時に、プロに任せておけば間違いはないだろうと考えていたので、不安はほとんどありませんでした。(ちなみに自分でする自己注射のときはいつも超不安!)

そうこうしているうちに、病院へ到着しました。

まずは夫くんの精子の入ったプラスチックの容器を、看護師さんにそーっと渡します。

採卵へ向けてのカウントダウンがはじまりました!

看護師さんに誘導されながら待機室へ向かい、貴重品を小さなロッカーへ入れて、病院のスリッパに履き替えます。

カーテンで仕切られたベットのそばで、施術を行うための着替えなどをし、採卵の施術に向けての準備をします。

一通り準備が終わったのですが、ベットで横になるのがなぜかためらわれ、ベットのそばに立ってそわそわしていました。

カーテンの外で何やら声が聞こえてきます。どうやら私の他にも、採卵する人が何名かいるようですね。

前日の夜から絶飲食だったので、早く水が飲みたいなーとぼんやり思っていました。

座薬で採卵をする

bg_hospital_chiryou

ちなみに、ドクターから事前に「卵巣から卵を数個だけ取るので、麻酔をせずに座薬で採卵をする」との説明を受けていました。

初めて聞いたときは、「大丈夫だろうか、ものすごく痛いのではないだろうか。」と、そのときはちょっぴりドキドキしていたのも事実です

座薬での採卵は痛くない

job_syujyutsushitsu_kangoshi

しばらくして、施術室へ通されることになりました。非常にすっきりとした、清潔感あふれる施術室です。

そんなこんなで、女医さんの登場。いよいよ施術が始まります。

先生が「痛いです。我慢して下さい。」と言いながら、卵を取り出していきます。

驚いたことに、ほとんど痛くない!座薬での採卵は痛くないんですね!(腕の良い女医さんが施術をしてくれたから、痛くなかったというのも大いにあったと思いますが・・・。)

私が「痛くないですよ。」と言うと、先生は非常に驚いていました。(ひょっとして私は痛みに強い方なのかもしれませんね。どうなんでしょうか。)

無事卵も数個取れ、ベットに戻ることになりました。

施術はあまり痛くなくても、やはり卵を取ったということで、施術後は生理痛のような鈍い痛みが続きす

会計を終え、ヨレヨレしながらも家へと無事到着。

採卵をした日の夜は、お風呂に浸かるのはダメと言われたので、シャワーをさっと浴びるのみにしました。また、施術後数日間は大事をとって、なるべく安静にし、ゆっくりと過ごすように心がけていました。

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

高齢出産について思う⑦高齢出産とダウン症
高齢出産について思う⑧子どもに期待しない
高齢出産について思う②高齢出産の現実
体外受精①「不妊治療止めます」
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑪夫くんの精子をなんとかする
高齢出産について思う①高齢出産の現実
noimage
体外受精⑫採卵2回目
不妊治療を行うにあたって決めてた事。専門医(プロ)に任せる
ポリープと子宮筋腫摘出手術⑤手術当日にハプニング発生
高齢出産の現実①考え過ぎてしまう
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉖仕事を止めました
体外受精⑭移植後に不思議なことが・・・
40代でも妊娠できたよ。母子手帳をもらいに行く
体外受精③ 意外!?自己注射はあまり痛くない

Mid

HOME

TOP