体外受精⑤ 誰もいない部屋で1人ぼっちで自己注射

1人で自己注射をする

sick_chuusya

前回の体外受精④ 自己注射の練習をするの続き・・・。

いよいよ、1人ぼっちで自己注射をするときがやってまいりました!

手をキレイに洗ってから、自己注射セットをダイニングテーブルの上に用意して、看護師さんに教えてもらったとおりに並べていきます。

確認のために、自己注射の手順が示された用紙も(←私のメモ書き入り)、一緒に並べておきます。

深呼吸をします。手が震えています。心臓もばくばくしてきました。

「で、できるかしら・・・」

この家には、私のほかには誰もいない・・・。

「この家にいるのは私だけ」という思いがドーンと迫ってきました。もちろん、頼れる看護師さんはいません。シーンと静まり返った部屋に、私1人だけポツーンとしています。

それでも立ち向かう

c-_users_z33_desktop_bansoukou

1人で注射をしないといけないと思うと、急に不安が押し寄せてきました

思わず逃げ出したくなりました。

「でも、やらなければならない。やらねばならぬ。ようし、やるぞー!!!赤ちゃんに会うために頑張るぞー!!!

と気合を入れ、注射器セットに立ち向かう事にしました。

まずは、生理食塩水の入った小さなガラス瓶を、指で瓶を軽くはじいてから割っていきます。

「わ、割りますって、ん?なかなか割れない!前から割るんだっけ?あれ後ろからだっけ?」

なかなか割れない生理食塩水の瓶を前にして、焦ってきました。

あれこれ試してみても、よく分かりません。しょうがない。適当にやってみることにしました。

悪戦苦闘のすえ、遂に“パシッ”ときれいに割る事ができました。

「ラッキー!!!」(←しかし、数回の自己注射の後、私はこの生理食塩水の瓶でバシーっと見事手を切ってしまい、非常に痛い目に合うことになります。その後、看護師さんに生理食塩水の割り方をしっかりと聞いたことは言うまでもありません。←分からない事はちゃんと質問しておけば良かったと激しく後悔しました。)

そんなこんなで、やっと薬を調合し、注射器の中に液体を吸い込ませることに成功!いよいよ自分の腹に自分の手で、注射針をズブっと刺さなければならないときがやってきました。

案のじょう、手が震えます。

「とりゃー!!!」覚悟を決めて、一気に自分の腹に自分の手で注射針を突き刺しました。(ギャー!←心の声)

そして薬をちゅーっと注入。そして、静かに注射針を抜き取ります。

注射針の穴が開いたところに、絆創膏をそっと貼ります。なんとか無事やり遂げることができました。脱力します。汗だくです。
(でも、自己注射って、ほとんど痛みはないんですよ。不思議ですね。)

この自己注射を、決められた期間、来る日も来る日も毎日行わなければなりません。それも、1日1回の注射ではなく、1日2回の注射のときもあったりして、嫌すぎて、泣けてきました。

格闘した後の注射器やら薬の瓶などの残骸を目の前にして、しばらくの間、椅子に深く腰かけていました。

そして、絆創膏を貼ったお腹の上にそーっと手を置きながら、「まだ会えぬあなた(赤ちゃんに会えるよう、お母さんは頑張るよ。早く会いたいな。」

ぽつりとつぶやきました。

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

http://babywhappy.com/wp/wp-admin/theme-editor.php?file=functions.php&theme=principle

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

赤ちゃんを授かるために行ったこと⑦のんびり歩く
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑨栄養豊富なうなぎを食べる
高齢出産について思う③高齢出産の現実。お金で解決しよう
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉖仕事を止めました
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉒カフェインとアルコールを控える
noimage
noimage
体外受精⑦ 自己注射が嫌すぎて女医さんに泣きつく
高齢出産の現実①考え過ぎてしまう
不妊治療専門病院を探す
高齢出産の現実②常に余裕な感じで
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑱お化け屋敷には行かない
不妊治療から逃げる
不妊治療でかかったざっくりとしたお金の話
40代でも妊娠できたよ。母子手帳をもらいに行く

Mid

HOME

TOP