体外受精⑭移植後に不思議なことが・・・!!!

移植を終えて

akachan_ninshin

パンパンに膨らんでいる膀胱を抱えながら、ベッドで横を向いて寝ていました。というのも、仰向けに寝ると、たまりにたまった尿に、膀胱が圧迫されてつらかったからです。(当時の移植は、尿をパンパンにためてから行うというものでした。)

移植されたばかりのお腹の上に、そーっと手を置いてみました。

今、私のお腹のなかには、とても小さな赤ちゃんがいるんだなー。」何だか、とても不思議な気分になりました。

また、言葉では言い表せないほどの喜びが、あふれ出してきました。

幸せってこういうことなのか

relax_girl

すると、不思議なことが起こり始めたのです。

お腹のあたりから、薄いピンクのベールのようなものが、“ふんわり”と流れ出てきました。

そして、それが、私をすっぽりと覆ってしまいました。

そのピンクのベールは、ゆらゆらとやさしく揺れています。そこには優しくて温かくてキラキラしたものが、満ち満ちていました。

なんともゆったりとした、不思議な気分です。

そんなやわらかな空間に、どっぷりと浸っていました。全身で幸せを感じていました。

「綺麗だなー、幸せだなー、ずーっとこの中にいたいなー。」

今まで生きてきて経験した、たくさんの嫌だったこと、辛かったこと、悲しかったことが、ちっぽけなものに思えました。

すべてのことが、許せるような気分でした。法事には出席しない 参照)

ピンクのベールは、しばらくの間ゆらゆらと揺れ続けていました。

ひょっとして「忘れられていた?」

bg_hospital_room

看護師さんが、「時間がくれば呼びに来ます。」とおっしゃっていたのですが、なかなか呼びに来てくれません。

「そろそろ、膀胱が限界だなー。早くトイレに行きたいなー。」と思いながらも、その揺れるベールの中にずっといたいという思いもありました。

(病院の)カーテンの外で看護師さんの「あ、そうだった!」という、つぶやくような声が聞こえてきました。(←ひょっとして私、忘れられていた?

「モリモリ母さん!」そう呼ばれ、ベッドを仕切っているカーテンが、ゆっくりと開けられていきました。

私を覆っていた薄いピンクのベールのカーテンは、いつの間にか消えていて、そこにはもうありません

看護師さんに促され、ようやくベッドから起き上がる事ができ、無事トイレへと行く事ができたのでした。

つづく・・・

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

赤ちゃんが授かるように行ったこと㉛ 神だのみをする
体外受精② 自己注射教室へ行く
赤ちゃんを授かるために行った事①赤ちゃんが来やすい適正体重ってあるの?
高齢出産について思う⑤不妊治療をして良かった?
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑱お化け屋敷には行かない
不妊治療でかかったざっくりとしたお金の話
高齢出産の現実②常に余裕な感じで
体外受精③ 意外!?自己注射はあまり痛くない
赤ちゃんを授かるために行った事⑬ 夫くんをお風呂につからせない
高齢出産について思う⑧子どもに期待しない
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑦のんびり歩く
ポリープと子宮筋腫摘出手術⑤手術当日にハプニング発生
赤ちゃんを授かるために行った事②体を温める
ポリープ・子宮筋腫摘出手術④手術当日。恐怖の浣腸
赤ちゃんだけの年賀状は要りません

Mid

HOME

TOP