体外受精⑬移植をする

移植の時を迎える

bg_hospital_chiryou

血液検査やいろいろや手順をへて、
いよいよ移植のときがやってまいりました!

少し緊張しながら、
不妊治療専門病院へと向かいます。

毎日のように大量の薬を飲んだり、
貼ったり、震える手で自己注射をしたりと、

本当に今まで逃げ出さずに
よく頑張ったよなーと、

自分を少し褒めてあげたい気分に
なりました。

移植をするにあたって、
尿をぱんぱんにためる」よう
言われていました。

病院ではひたすら尿を限界まで
ためる事に専念することに。

(片手にペットボトルを持って
水を飲みまくり。)

前回と同じく、採卵の施術のときに
待機していた部屋へと案内されます。

緊張の面持ちで施術着に着替え、
ベッドの上に腰かけて、
そのときを待ちます。

ついに移植する

job_syujyutsushitsu_kangoshi

いよいよ施術室に呼ばれました。
看護師さんが移植するにあたって、
いろいろと説明をしてくれます。

私の気持ちを察してか、
にこにこしながら

「分からない事があれば、
なんでも質問して下さいね。」
と言ってくれました。

細やかな気遣いをしてくれるので、
この病院を選んで本当に良かったと
しみじみ思うことに。

和やかな雰囲気の中、
先生が登場

スタッフの方(←看護師さん?)
受精卵を戻す前、

受精卵と私の名前などを
何回も確認します。

(受精卵を間違えて移植したら
大変ですものね!)

消毒などが終わったのち、
(←別に痛くはなかったです。)
女医さんが卵を戻すことに。

あっと言う間に移植終了。

子宮のこのあたりに戻しましたよ。」と
モニターを指さしながら、
先生が説明をしてくれます。

「有難うございました。」
お礼を言って施術室を出ました。

移植のとき痛みはある?

haraita_woman

移植の施術も痛みがあるのかと
心配していたら、
痛みは全くありませんでした。

痛くなかったことにホッとしつつ、
ベットでしばらく横になるように
言われていたので、
指示通りおとなしくしてました。

すると、不思議なことが
私の身に起こりました・・・。
体外受精⑭移植後不思議なことが・・・ 参考

つづく

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

赤ちゃんを授かるために行った事②体を温める
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑲リラックスを心がける
高齢出産について思う④命の尊さが分かる
体外受精⑩採卵後卵巣が腫れる
高齢出産について思う①高齢出産の現実
夫くんの精子の状態
高齢出産について思う⑧子どもに期待しない
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑨栄養豊富なうなぎを食べる
40代でも妊娠できたよ。母子手帳をもらいに行く
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉖仕事を止めました
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑥夫くんの精子をなんとかする
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑱お化け屋敷には行かない
高齢出産について思う③高齢出産の現実。お金で解決しよう
高齢出産について思う⑥不妊治療して良かった?
赤ちゃんを授かるために行った事⑮ 夫くんの精子をなんとかする

Mid

HOME

TOP