体外受精の治療をはじめて思った事。「薬漬けになる」

薬漬けになる

medicine_bin

体外受精の治療を開始して驚いたことの1つが、「薬の量が半端ない」ということでした。

薬を束で出されたり、また、箱単位で出されるときもあったりで、「こんなに毎日のように大量に薬を飲んでいて大丈夫なのだろうか。」と、いつも薬を飲むたびに心配していました。

(自己注射をするときも、こんなに毎日注射して大丈夫かしらと、不安をいだきながら注射をしていたのも事実です。)

ちなみに、薬の種類にもいろいろあって、飲むタイプのものだけでなく、湿布みたいな薬を体に張り付けたり、何日間かに渡って1日3回、鼻から吸引するタイプの薬もあったりで・・・。

挙句の果てに、座薬をいつもの方ではなく、あっちの方へ入れたりと(あっちとは、あちらの方です。( ´Д`)=3)、いろんな意味で、すごい感じに体が仕上がっていくようでした。

自然妊娠ってすごいこと

akachan_ninshin

「これだけ大量の薬を使用しないと、妊娠できないのか~。」

結婚すると、普通に妊娠して出産するのが当たり前みたいに思われている事が、実は当たり前じゃなかった。

自然妊娠出来るって、どれほどすごい事なのだろう。(不妊治療は肉体的、精神的、金銭的に大変過ぎます。)

妊娠・出産って、どれほど神秘的ですごい事か・・・奇跡だと痛感しました。

果たして私の体は大丈夫なのか?

question_head_girl

あれだけ薬漬けの日々を送っていたので、私の体は大丈夫なのかしらと、今でも一抹の不安がよぎることがあります。

あれだけ大量に薬を投与されていたのだから、体に相当な負担がかかっていたことは間違いないでしょう

だからというわけではないのでしょうが、

妊娠中(緊急入院①出血が止まらない 参照)
出産後(悪夢の再来!大量に出血する 参照)

と、いろいろと大変なことが起こったのも事実です。

でも、今はとりあえず病気もせず元気に日々過ごせているので、薬のダメージはなかったものと思ってはいますが・・・。(いつもくたくたのよれよれに疲れているのはどうなんでしょうか?←それは、薬のせいではなく年のせい!?)

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

赤ちゃんを授かるために行ったこと⑲リラックスを心がける
赤ちゃんを授かるために行った事⑭ 夫くんの精子をなんとかする
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑩夫くんの精子を何とかする
体外受精⑭移植後に不思議なことが・・・
赤ちゃんを授かるために行った事⑫リラックスするためにある物を・・・
女医との出会い
ポリープ・子宮筋腫摘出手術⑥手術後はどれくらい痛い?
高齢出産の現実①考え過ぎてしまう
体外受精⑬移植をする
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑦のんびり歩く
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉙はと麦茶とパセリに気を付ける
体外受精⑫採卵2回目
体外受精⑯妊娠判定「後編」。移植1回で妊娠しているのか
不妊治療から逃げる
卵巣年齢を測る

Mid

HOME

TOP