不妊治療を開始して思った事。注射三昧の日々を送る

不妊治療中は注射三昧

sick_chuusya

不妊治療専門病院へ行くたびに、ホルモン値を計る、妊娠しているかどうか確認するために採血するなど、とにかく毎回のように注射するイメージがありました。(実際、毎回注射されるということはなかったのですが・・・)

でも、体外受精の治療に入ってからは、決められた期間、毎日のように自分で注射をしなければなりませんでした。

不妊治療専門病院へ行ったときには、自分で注射する代わりに、看護師さんに注射をしてもらいます。

「前回右腕に注射をしてもらったので、次は左腕にしてもらおう、って、あれ?どちらの腕に注射してもらったったのかしら?」と、どの腕に注射したのか一瞬考えなければならないくらい、たくさん注射をしました。(TдT)

そして、看護師さんに注射をしてもらうときは、決して注射針の方を見ず、あさっての方を見たり、隣の壁を意味もなく穴が開くくらい凝視したりして、なんとか注射をされているという現実から逃げようと必死になっていました。

注射嫌いの私は、注射をされるたびに(するたびに)体重が1キロずつ減って行くくらいの恐怖を味わっていたのですが、(実際は少しも減らない・・・・。)最後の最後まで注射には慣れませんでしたね。

でも、看護師さんの中に、ものすごく注射が上手な方がいらっしゃって、その方が注射をして下さると、びっくりするくらいほとんど痛みを感じないんです!

その方に注射をしてもらえないかなー。と毎回期待するのですが、「がーん」。

全然その方とは違う別の方に注射をしてもらう方が多く、注射嫌いの私は、注射をしてもらうたびに、飛び上がるくらいの無礼なリアクションをすること数知れず。

嫌味にとられたのなら本当に申し訳ないなーと思うのですが、注射は怖い+非常に痛いのでしょうがない。ごめんなさい。<(_ _)>)と、いつも心の中で謝っていました。

よくもまぁ、注射嫌いの私が、注射によく耐えたもんだと感心します。

これもひとえに、赤ちゃんにどうしても会いたいという強い思いからだったんでしょうね。

我ながらよく頑張ったもんだと思っています。

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

Mid

HOME

TOP