ついに不妊治療専門病院へ行く

不妊治療をついにはじめる

c-_users_z33_desktop_medical_kojin_byouin

不妊治療専門病院へ出発する日、家の鍵をかけるときに少し手が震えました。電車に乗っているときも、何だかそわそわして落ち着きません。

不妊治療を受けるという事は、本当に本当に勇気がいりました

重い足を引きずりながら、ついに不妊治療専門病院へと到着。

不妊治療専門病院のドアをたたく

c-_users_z33_desktop_kinchou_woman

病院を目の前にして思いました。「ここで、本格的に不妊治療するんだな・・・。」

一歩一歩病院へ近づいて行きます。不妊治療専門病院のドアが、ついに開かれました

最初に目に飛び込んできたのが、事務員さんの笑顔。緊張しながら、受付で手続きをします。

不妊治療専門病院では、優しい音楽が流れているのとうらはらに、心臓がバクバクしていました。顔も少しこわばっていたと思います。

周りをさりげなく見渡してみました。「知り合いがいたらどうしよう。」「なんて言ったらいいんだろう。」

とりあえず、カバンから大きめのマスクを取り出して、顔を隠す事にしました。

しばらくして冷静になって考えてみると、周りの人も不妊で悩んで、この不妊治療専門病院に来ているという事に気が付きました。

周りの人達は、赤ちゃんが来て欲しいと願っている、同じ目標に向かって歩んでいるいわゆる同志だったんですね。

その事に気付いた私は、マスクを外して、病院の待合室で1人静かに座っていました。

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

高齢出産について思う⑤不妊治療をして良かった?
体外受精⑫採卵2回目
高齢出産について思う②高齢出産の現実
体外受精⑤ 誰もいない部屋で1人ぼっちで自己注射
夫くん「血液検査」で青ざめる
体外受精⑦ 自己注射が嫌すぎて女医さんに泣きつく
体外受精⑯妊娠判定「後編」。移植1回で妊娠しているのか
高齢出産について思う⑥不妊治療して良かった?
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉖仕事を止めました
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑯和食を食べる
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑥夫くんの精子をなんとかする
赤ちゃんを授かるために行った事①赤ちゃんが来やすい適正体重ってあるの?
高齢出産の現実⑤体重が減らないどころが増え続ける恐怖
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉒カフェインとアルコールを控える
体外受精⑨座薬での採卵は痛いんでしょうか?

Mid

HOME

TOP