帝王切開 「手術前から退院までの治療内容と日程」

帝王切開に至った経緯

taiji_sakago
赤ちゃんがまだ帰ってきていないので、
赤ちゃん、うんちを飲んでしまう!胎便吸引症候群(MAS)!NICUがある総合病院へと緊急搬送される 参照

帝王切開に至った経緯を
ざーっとお伝えしようと思います。

私の場合、はじめは赤ちゃんが逆子→
横位の状態だったため、
帝王切開で出産する予定でした。

なので事前に帝王切開前の検査、
血液検査や心電図などの主要な検査は
一通り終わっていました。
高齢妊婦生活㉘帝王切開になる!? 参照

しかし、後日赤ちゃんが
横位から頭位状態になったため、
自然分娩に変更に。

自然分娩で出産できると喜んでいたら、
予定日を過ぎても
なかなか陣痛が始まりません。

なので、陣痛促進剤で
出産することになりました。

しかし、赤ちゃんが
苦しがっているということで、

急きょ帝王切開で出産することに・・・。
陣痛促進剤で出産してみよう 参照

 

帝王切開の流れ(病院からもらった説明書参考)

job_syujyutsushitsu_kangoshi

情けないことに、
帝王切開の記憶といえば

「非常に痛かった!」
ということくらいしか
鮮明に覚えていません。(汗)

なので、病院からもらった
帝王切開の流れが書かれた用紙を元に
書いていこうと思います。

帝王切開前日に入院

(私の場合陣痛促進剤で
出産する予定だったので、
この日よりも前に入院することに。)

帝王切開が決まった夜に、
夫くんと一緒に先生から説明を受ける。

夜の9時以降は食事はダメ。
水分補給は大丈夫。

剃毛。
帝王切開前日 剃毛と浣腸と私 参照

看護師さんに、
バリカンでジョリジョリされる。

安心して下さい。
全て丸刈りでは
ありませんよ

お腹の側の下の方の部分を
刈られることに。

浣腸なし。(*゚∀゚)

爪切り。

私は日頃から
深爪気味が好きなタイプなので、

爪は切られることは
ありませんでした。

シャワーを浴びる。

NST(ノンストレステスト。
赤ちゃんの心拍数を調べる検査)

手術当日

絶食

手術2時間前まで
水分を取っても大丈夫。
それ以降はダメ。

シャワーを浴びる

浣腸なし。(*゚∀゚)

点滴

手術前、
弾性ストッキングを履いたような
気がしないでもない(うろ覚え)。

裸になって手術着を着る。
(紙パンツを履いたかどうだったか
全く記憶になし)

車椅子に乗って、
手術室まで行く。

緊急での帝王切開だったので、
手術直前に麻酔科の先生から
麻酔の副作用とかの話を聞く。

(しかし先生のお話は、
残念ながら頭を素通りする。
帝王切開当日 赤ちゃん、やっと会えたね 参照

手術後

非常に寒い。
ガタガタ震えが来る感じ。

(看護師さんが
電気毛布を持ってきてくれる。)

点滴つけたまま。

追加の痛み止めを、
自分で何回もプッシュ。

気が付かない間に、産褥ショーツを
履かせてもらっていた模様。

下からの出血がひどいので、
産褥ナプキンを看護師さんに
何回も交換してもらう。

(このナプキンは病院側から
提供されたもので、
非常に大きなナプキンです。)

気が付くと、
帝王切開後用のさらし(腹帯)
を付けられていた。

(ちなみにさらし(腹帯)がずれても、
自分で直してもいいみたいです。

私は自分で直しては行けないと
勝手に思い込んでいたので、

何回か看護師さんに
直してもらっていました・・・。)

熱が38度台へ急上昇。

このまま高温の方が良かったのですが、
看護師さんが「解熱剤を使用した方がいい」
と言われるので、プロに従うことに。

解熱剤を使用するものの、
効きすぎて一時
34度台
まで下がることに。

看護師さん、何回も測り直す。
「大丈夫だろうか。」と一瞬不安になる。

しばらくの間低体温状態が続くが、
体がつらすぎて
そんな事はちっとも気にならない。

眠いのと痛いのダブルパンチで
何が何だか良くわからない状態。

とにかく眠いのでひたすら寝る。

痛いと目が覚める、
また寝るの繰り返し。

非常に痛いので、
痛み止めの座薬を入れてもらったと思う。
(うろ覚え)

手術後1日目

朝 水分テスト

看護師さんが
追加の麻酔を持って行ってしまう。
(悲しい気持ちになる。)

先生から
ガスは出ましたか?
と聞かれる。

しかし、まだガスは出ていない。

「ガスは出ていないのですが、
お腹がすいたので
お腹がグーグーなります。」
と言うと、なぜか先生爆笑。

その後、ベッドの上で
体をよじったりして
ガスを出すことに専念する。

やっと、「」とガスが出た。

いまだかつて、
おならが出たことで
こんなに喜んだことはない。

お昼からおかゆ

尿管を抜く

トイレ歩行開始

トイレ、激痛。

とにかく痛い。
おしっこをするにも脂汗が出る感じ。

おしっこをしているのに
なぜか子宮が痛む。

傷口が痛む。とにかく痛い。
何もかもが痛い。
トイレ怖い。

歩行開始。

これが泣けるほどつらい。痛い。
でも人間やればできるもんです。
よれよれながらも歩けました。

まだシャワー許可下りず。

なので、夫くんに
ドライシャンプー で頭を洗ってもらう。

体はタオルで清拭。

手術の後を恐る恐る見ると、
透明の防水シールが貼られていた。
傷跡が痛々しい。

外陰部の清潔を保つために、
ウォシュレットや
ビデを使いましょう。
」と
看護師さんから言われた。

緊急入院の時とは大違い
非常に嬉しかった。
緊急入院⑫下半身の清潔を保つには? 参照

手術後2日目

昼から普通に食事

授乳食になったので、
ものすごい量が出た。
おまけにおやつまで出た。

大食いの私にとっては、
有り難いことこの上なかった。

でも、赤ちゃんが
まだ病院から帰ってきていないので、

授乳もしていないのに
こんなに食べてもいいものかと
一瞬思った。

でもたくさん食べたいから
いいのだとも思った。

点滴はまだ付いている。

前日同様、
シャワーの許可はまだ下りず。

手術後3日目

抗生物質を飲む

嬉しいことに、
シャワーの許可が下りる。

1日2回シャワーを浴びてもいいですか?
と聞くと、

回数に制限はないけれども、
普通は1日1回。」と言われる。

しかし、回数に制限はない
ということを聞き逃さず、

1日2回シャワーを
浴びてやろうと思った。
(実際浴びた。)

手術4日目以降

どんどん歩こうと言われる。
よれよれながらも歩く。

痛みもだいぶ
落ち着いてきたような。

しかし、まだまだ痛む。
痛み止めは欠かせない。

数日後、ステイプラー
(帝王手術後、
お腹をホッチキスみたいなもので

“パチンパチン”と止める)
のはりを取る。(抜鈎)

意外なことに
全然痛くなかった。

入院中、おっぱいマッサージを
教えてもらったり(激痛)、

採血をしたり、赤ちゃんの
沐浴指導をしてもらったり、

赤ちゃんの1ヶ月検診の予約をしたり、
とそんな感じで過ぎて行きました。

退院日に、
出生証明書が渡されました。

私はだいたい
10日+αくらいの入院でしたか。

医者の判断により、
入院日数が伸びることもあるそうです。

また思い出した事があれば、
追記したいと思います。

P、S、術後、看護師さんに
切って間もないお腹を、
毎日のように押される
んですよね。

子宮の収縮具合を見るため
とか言われていますが、
これが本当に痛い!!!

押されるたびに、
悲鳴に似たうめき声を上げていました。

看護師さんによって
強く押したり優しく押したり、
押し方が変わるんです。

(強く押してくる看護師さんには、
一瞬ですが、「げんこつグーで
お見舞いをしてやろうか。(怒)

とも思うことも。

(当たり前ですが、そんなことは
しませんでしたけどね。(;´∀`))

術後の腹押しは、
本当にやめて欲しいと思いました。(涙)

 

今となっては良い経験をしたなーと思っています。(*゚∀゚)(当時は痛すぎて泣きそうでしたが・・・。)

にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

お手数ですが、 クリックお一つよろしくお願いします!クリックしてもらえると、ランキングが上がって非常に喜びます。(*’▽’) by モリモリ母さん

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

Mid

HOME

TOP