赤ちゃんの予防接種はいつから始めたらいい?BCGを接種して腫れた時は?

 予防接種を受けようか大いに悩む

sick_chuusya

1カ月の乳児検診が終わると、次に待っているのが予防接種です。

正直言って、予防接種には疑問を持っていました。

予防接種をしたからといって、100%病気を防げるようでもないですし、(もし病気にかかっても、重い症状には至らないようです。)

赤ちゃんに副作用が起きないのだろうかと不安もありましたし、インターネットでワクチンの悪いうわさを知ってしまったりして、予防接種は受けさせた方がいいのかどうか、あーでもないこーでもないと散々迷いました。

でも、私の高齢母親の「受けさせた方がいいんじゃない?」の一言で、気持ちが揺らいでいくことに。

赤ちゃんの予防接種の開始は2カ月から

akachan_omutsu

赤ちゃんの予防接種の開始時期は生後2カ月目から。

定期接種となっているインフルエンザ菌b型(Hib)小児肺炎球菌の開始時期です。(任意接種のロタウイルス、当時任意接種だったB型肝炎も。)

でも、2カ月の赤ちゃんって、まだまだふにゃふにゃ。

まだ生まれてほどないような赤ちゃんに、予防接種を受けさせることに、激しく抵抗を感じました。

なので、粘りに粘って、生後5カ月目でやっと予防接種を受けることにしました。

生後5カ月目でBCGを受ける

akachan_mother

結核予防のためのBCGは、私の地域では役所の施設で集団で受けることになっていました。(無料で受けられました。)

ミルクやらオムツやらを抱えて、赤ちゃんを抱っこしていきます。

赤ちゃんは5カ月。

もう首も座っており、抱っこひもが使えるようになっていたので、気分的に比較的楽になっていました。

受け付けで手続きを済ませて待っていると、お母さんと一緒にお父さんの姿がちらほら目に入ります。

番号を呼ばれて、部屋に入って赤ちゃんのオムツを替えます。

ベビー服を脱がして、オムツ一丁になった赤ちゃんを抱っこして少し待っていると、赤ちゃんの身長などを測定することに。(室温は高めに設定されているので、赤ちゃんがオムツ一丁でも寒くないので安心♪)

そして、先生のところまで移動して注射をしてもらいます。

お母さんの髪が注射をされたところにかからないよう、気をつけるように言われました。

髪の長いお母さんは、髪をくくって注射にいどむのが、いいのかもしれませんね。

BCGはスタンプ状のハンコのような注射を、2回行います。

最初は、何をされているのか分からずじーっとしていた赤ちゃんも、自分の腕に注射をされていることが分かったのか、「ギャー!」と泣き出してしまいました。

泣く赤ちゃんをあやしながら、注射をされたところがキレイに乾くまで、部屋の外でしばらく待機します。

注射をしたところに、衣服や髪などが付いたりしないよう気をつけながら、乾いたことを確認してから洋服を着せて終了。

お家に帰りました。

当日お風呂に入れてもいい

ofuro

注射した日にお風呂に入れてもいいということなので、注射した場所を触らないようにして、お風呂に入れました。

注射の後、腫れることもなかったので、とりあえず一安心。

2週間後ふくらんでくる

baby_negaeri

注射をしてから2週間後、赤ちゃんの腕を見てみると、何と注射をした場所がふくらんでいることを発見!

「ぎゃー!これはまずいことになったのかもしれない!」

と焦りましたが、BCGの説明書に「2~3週間後には、黄色のあわつぶくらいのふくらみができることがある」と書かれていたので、問題はないようです。
厚生労働省 参照

順調な経過をたどっているようで、一安心。

1カ月後にまた盛り上がってきて焦る

akachan_bed

ほっとしたのもつかの間、注射をしてから1カ月後に、また注射をした所が盛り上がってきて焦りました。

今度はうみまでもっています。

焦っていろいろと調べた結果、これは免疫力がついている証しとのこと。

赤ちゃんは相変わらず元気なので、とりあえず様子を見ることにしました。

しばらくして、かさぶたになっていきました。

しかし、BCGには冷や汗がでました。

ただ、接種後すぐ~10日までに赤くはれるなどした場合は、すでに結核菌に感染している「コッホ現象の可能性が。

皮膚が敏感な赤ちゃんは、接種後赤くなる場合もあるようですが、すぐに病院へ行って医師に診察してもらいましょう。

そして怒涛のごとく予防接種を受ける

C-_Users_z33_Desktop_medical_yobou_chuusya_baby

BCGを受けた後は4週間以上あけて、次の予防接種を受けないといけません。

それからは怒涛の如く、予防接種ラッシュです。

何しろ、予防接種を開始するのが遅かったため、スケジュールをバッチリ考えて、間違いのないように気をつけました。

同じ日に数種類の予防接種ができる、同時接種を受けました。

同時接種だと、数種類のワクチンを注射してもらえるので、何回も病院へ行かずにすむので、お母さんも赤ちゃんも比較的楽かと。(もちろん、赤ちゃんは1日に何回も注射されて大変でしょうけど・・・。)

予防接種のスケジュール表をのぞいては考える日が、しばらく続くことになります。

結局予防接種は、定期接種(市区町村が配布する無料券を使うと、無料で接種できる)全てのものと、任意接種のおたふくかぜの予防接種を受けることにしました。

 

お手数ですが、 クリックお一つよろしくお願いします!クリックしてもらえると、ランキングが上がって非常に喜びます。(*’▽’) by モリモリ母さん

にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

出産祝いのお返し(内祝い)はおしゃれでおいしいお菓子を送ろう!
久しぶりに赤ちゃんに会える
noimage
赤ちゃんの夜泣きはいつまで続くのか。1才過ぎても夜泣きする。
離乳食のおかゆに泡立て器を使おう。1才未満ははちみつに気を付ける
amazonファミリーはお得なのか。メリットをご紹介
高齢出産後は「産後ケアセンター」でママも赤ちゃんもゆったり過ごそう
「赤ちゃんが離乳食を食べなくなった」のでしばらくお休みしてみた
noimage
離乳食をしっかり食べるように赤ちゃん用の椅子を買う
胎盤が・・・!
高齢出産後のママの体調は?いつごろから元気になった?
赤ちゃんが離乳食を食べないときは「ベビーフード」がいいかも
児童館で病気をもらう!?行ったらしっかり発熱してしまったよ
出血の状態は・・・

Mid

HOME

TOP