赤ちゃんを授かるために行ったこと⑨栄養豊富なうなぎを食べる

うなぎを食べる

c-_users_z33_desktop_food_unadon

うなぎは本当によく食べていました。

うなぎはビタミンが豊富で、その他の良い成分も含まれていて栄養価抜群!

もともと「うなぎ大好き!」ということもあって、1週間に1~2回は食べるようにしていました。(もちろん、大量には食べてはいません。ほんの1~2切れのときもありました。)

夫くんも同じようにうなぎ大好きなので、2人で一緒にお散歩に行った帰りにスーパーに寄っては、うなぎをよく購入していました。

もちろん、安心安全な国産うなぎを購入

うなぎの良いところは、うなぎ丼にして、あとは、お野菜、お味噌汁、果物と言った感じで、簡単に食事の準備ができ(時間の節約!)、そのうえ栄養満点ということで、非常にお得感まんさいなところですね。

(ちなみに、うなぎはビタミンAが多く含まれています。そのため「妊娠中はあまり食べないように!」と言われていたため、妊娠中はうなぎはほとんど食べませんでした

うなぎは栄養価が高くていいのですが、難点は、少し“お高い”という事。

なので、割引シールが貼ってあったら即購入するとか、うなぎの特売日を狙って、買うようにしていました。

不妊治療のために、徹底して節約生活を送っていましたが、食費はあまり節約はしませんでした。(もちろん、不必要な高価なものを買ったりして、無駄使いはしなかったですけど。)

日々食べる食料で自分の体が作られ、そして赤ちゃんが授かりやすい体が作られる、そう思っていましたので、食費はなるべくケチらないようにしていました

 

ブログランキングに参加しています。
クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

赤ちゃんを授かるために行ったこと㉕子供がいる友達とは連絡をとらない
ついに検査突入へ。「卵管造影検査」「子宮鏡検査」をする
高齢出産の現実②常に余裕な感じで
不妊治療専門病院へ再び通う。タイミング法でいってみよう
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑱お化け屋敷には行かない
体外受精⑧ 採卵に向けて卵を育てる
不妊治療専門病院をついに卒院する
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉓親にも秘密で治療する
高齢出産の現実⑤体重が減らないどころが増え続ける恐怖
体外受精⑦ 自己注射が嫌すぎて女医さんに泣きつく
高齢出産について思う⑦高齢出産とダウン症
40代でも妊娠できたよ。母子手帳をもらいに行く
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑩夫くんの精子を何とかする
高齢出産について思う①高齢出産の現実
夫くん「血液検査」で青ざめる

Mid

HOME

TOP