赤ちゃんを授かるために行ったこと⑧いつでも不妊治療を止めてもいい

思いつめない事

hansei_koukai_woman

不妊治療は体だけではなく、精神的にも金銭的にもきつい治療です。

いつ赤ちゃんを授かることができるか分からない先の見えないゴールに向かって、1人黙々と歩んで行っているような感覚にしばし陥りました。

でも、かわいい赤ちゃんに会うために、ひたすら歯を食いしばって頑張るしかない。

夫くんに、いかに不妊治療が大変かを涙ながらに訴えても、「大変だねー。でも頑張れ。頑張ったら赤ちゃんが授かることができるかもしれないし。」と言うだけ。

夫くんも本当のところは、私の置かれている状況をあまり分かっていないのだろうなーと思っていました。

ぐぬぬぬ・・・誰にも分かってもらえぬこのつらさ・・・。( ;∀;)

不妊治療で体もつらい、誰にも話しても分かってもらえない(夫くんにも)なので不妊治療をしているというだけで、だんだんと相当なストレスを感じるようになってきます。

気を付けないと、ものすごく思いつめるようになっていきます

こんなに頑張っているのに、なぜ努力がみのらないんだ!と自分を責めるようになり、気が付くと溜息をつくようになっていました。

逃げてもいいよ

wakaremichi_woman

ストレス地獄に堕ちて行きそうになる時、パッとその場を離れ、深呼吸して、外にのんびりと歩きに行くようにしていました。

本当にどうしようもなく、つらくなったり嫌になったら、すぐに不妊治療止めればいいやっていつも思っていました
不妊治療から逃げる 参照

夫くんと2人で人生を生きて行くのもそれでよし。2人で世界中をぶらぶら旅しよう。それはそれで楽しいかもね。と、心のどこかでいつも考えていました。

逃げ道をいつも用意していたのです(そして実際、何回も逃げた・・・)

あまり深刻に考えずに(考えそうになったら考えるのを止める。その場をパッと離れる。)ある意味、お気楽で、いつもリラックスして、好きな趣味をしたりして、自分を極度に追い詰めない感じで治療していました。なので、なんとか不妊治療を継続でき、赤ちゃんを授かることができたのかしら、と今では思っています。

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

赤ちゃんを授かるために行ったこと㉘妊娠しやすそうな服を着る
卵巣年齢を測る
体外受精⑯妊娠判定「後編」。移植1回で妊娠しているのか
noimage
体外受精④ 自己注射の練習をする
ポリープ・子宮筋腫摘出手術④手術当日。恐怖の浣腸
40代でも妊娠できたよ。母子手帳をもらいに行く
体外受精①「不妊治療止めます」
ついに検査突入へ。「卵管造影検査」「子宮鏡検査」をする
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑱お化け屋敷には行かない
赤ちゃんを授かるために行った事⑬ 夫くんをお風呂につからせない
赤ちゃんを授かるために行った事①赤ちゃんが来やすい適正体重ってあるの?
赤ちゃんを授かるために行ったこと③良いと言われるものはなるべく試す
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉚人の批判を気にしない
赤ちゃんを授かるために行った事⑫リラックスするためにある物を・・・

Mid

HOME

TOP