赤ちゃんを授かるために行ったこと㉘妊娠しやすそうな服を着る

服に気を付ける

dumbbell_woman

実は私、不妊治療を開始する前、かなり体を鍛えていました。
赤ちゃんを授かるために行った事①赤ちゃんが来やすい適正体重ってあるの?
参考

体を鍛えるのが趣味と言ってもいいくらいで、ウォーキングを1日3時間くらいすることもあったりして。(ちなみに、まったりではなく、しゃかしゃかとスピーディーな感じで歩いていました。)

今よりも脂肪がかなり少なかったため、ぴちぴちジーンズをはく事も多く、見栄を張ってウエスト58㎝のジーンズを、おなかをものすごくへこませながら頑張ってはいたりしてました。(笑)

心も体もリッラクス

diet_after_woman


赤ちゃんを授かるためには、
体の血行をよくしなくてはいけないと言われています。

なので、体を締め付ける洋服を、なるべく着ないように気を付けるようにしました。

お腹に圧迫があっては、赤ちゃんがやって来るのが難しいだろうと思い、ぴちぴちジーンズは止めました

ぴちぴちジーンズの代わりに、ウエストがゴムになったゆるゆるズボンやスカートを好んではくようになり、ウエストを締め付けるガードルも、はくのを止めるようにしました。

赤ちゃんを授かるために、体重を数キロ増加させていたたので、ウエストゴムのズボンやスカートは非常に重宝しました。

そんな感じで、体もいつもゆるい感じにして心も穏やかにし、心身共にリラックスするようにしていました。

(今でも体重は出産後のまま減らないので、妊娠していた時にはいていた、マタニティーパンツやウエストゴムのゆるゆるズボンをいまだにはいています。(汗)これはさすがにまずいだろうと思っています。頑張って痩せないとな~。)

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

不妊治療を行うにあたって決めてた事。専門医(プロ)に任せる
体外受精⑥ 自己注射がいやすぎてキレる
ポリープ・子宮筋腫摘出手術⑥手術後はどれくらい痛い?
体外受精⑧ 採卵に向けて卵を育てる
赤ちゃんを授かるために行った事⑬ 夫くんをお風呂につからせない
赤ちゃんを授かるために行った事②体を温める
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉗不妊治療専門病院で友達を作らない
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑤体に良いと言われるものに切り替える
不妊治療専門病院へ再び通う。タイミング法でいってみよう
体外受精⑩採卵後卵巣が腫れる
高齢出産の現実②常に余裕な感じで
noimage
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑯和食を食べる
ポリープ・子宮筋腫摘出手術④手術当日。恐怖の浣腸
noimage

Mid

HOME

TOP