赤ちゃんを授かるために行ったこと⑲リラックスを心がける

ストレスを減らす

stress_woman

不妊治療専門病院で治療を終えた後は、いつもぐったりとしていました。

というのも、私の通っていた不妊治療専門病院には全く不満はなかったのですが、「不妊治療をしている」ということがストレスだったからです。

なので、病院へ行った帰りに自分へのご褒美として、喫茶店へ入って大好きなコーヒーを飲んでホッとしたり、(←「喫茶店に行って楽しんできたよ。」と夫くんには報告していました。)

リラックス効果があると言われているチョコレートを食べてみたり、赤ちゃんを授かるために行った事⑫リラックスするためにある物を・・・ 参考

洋服屋さんへ行って洋服を眺めてみたり(←不妊治療費を捻出するために絶賛節約生活中。なので決して買わず。見るだけ。)と、少しでもストレスを減らすように心がけていました。

病院へ行かない日は、家で音楽を聴いたり本を読んだり、外にぶらぶらと散歩にでかけたり、家の中を掃除を徹底的にしてみたり(←家の中を清潔にすると、気分がスッキリするから不思議ですね。)、料理を作ったりと、意識してリラックスするように心掛けていました。

ぐちを聞いてもらう

c-_users_z33_desktop_guchi_woman

ちなみに、ストレス解消の手段として、夫くんにぐち聞きマシーンになってもらい、私の愚痴をひたすら聞いてもらう役にもなってもらいました。

当時を振り返ってみると、夫くんにとっては、なかなかのつらい役回りだったと思います。(毒々しい話を一方的に聞かされるのですから、大変ですね。(汗))

しかし、不妊治療をしていると、知らず知らずのうちにストレスの塊と化してしまうから注意が必要です。

夫くんにぐちを言いまくることで、毒抜きができて非常に助かりました。

(私から夫くんへと移動した毒は、夫くんがどのように毒抜きしていたかは、まったくもって不明ですが・・・。)

今思うと、少しでもトレスを発散するように日々工夫することが、不妊治療を続けられる大きなポイントの1つだったのかなぁと思っています。

好きな事(趣味)をしていると、ストレス発散になっていいですよね!

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

高齢出産について思う②高齢出産の現実
noimage
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉘妊娠しやすそうな服を着る
高齢出産の現実⑤体重が減らないどころが増え続ける恐怖
高齢出産の現実②常に余裕な感じで
noimage
体外受精①「不妊治療止めます」
不妊治療専門病院へ再び通う。タイミング法でいってみよう
女医との出会い
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉙はと麦茶とパセリに気を付ける
不妊治療を行うにあたって決めてた事。専門医(プロ)に任せる
体外受精⑯妊娠判定「後編」。移植1回で妊娠しているのか
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑨栄養豊富なうなぎを食べる
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑥夫くんの精子をなんとかする
赤ちゃんを授かるために行ったこと④卵子の老化を遅らせるために食べたもの

Mid

HOME

TOP