赤ちゃんを授かるために行ったこと⑯和食を食べる

和食中心にする

food_nabe

赤ちゃんを授かるために行った事⑮ 夫くんの精子をなんとかする)参考

赤ちゃんを授かるために、食事を徹底して見直しました。

野菜中心、ご飯、豆腐、納豆、お魚、お味噌汁、お肉少量、etc・・・

なるべく、体を温める根菜類を中心の和食にすることを心がけました。

不妊治療を開始する前は、1日1回~2回くらいの食事でしたが、できるだけ3回規則正しく取るようにしました。(でも1日3回和食をきっちりとモリモリ食べられるわけではないので、1日1回は和食をきっちり取るようにしていました。)

ちなみに、冬は鍋が多かったです。

お野菜を大量に鍋に投入し、お豆腐を入れ、ポン酢+しょうがのすり下ろしでさっぱりといただいたり、みそ味にしたりして食べていました。

一方夏は、体を冷やすと分かっていても、トマトとかきゅうりとかサラダにして、大量に野菜を食べていました。(夏は暑すぎるので、体を温める食べ物とかはあまり考えませんでした。旬の野菜をしっかり食べるように心がけました。

あと、納豆は毎日欠かさず食べるようにしていました。(なぜかって?それは、納豆が大好きだからです・・・。)

ちなみに、お菓子はほどほどにしました。

お菓子を全く食べないというのはストレスになるので(妊娠するのにストレスは大敵!)、少しは食べてもokということにしていました。(チョコレートが大好きだったため、毎日少しずつ食べてました。)

自然な食べ物から甘みをとる

c-_users_z33_desktop_tamanegi_onion-2

自然な食べ物から甘味を取れるように、サツマイモとかかぼちゃとか(かぼちゃを適度な厚さにスライスしてオーブンで焼くと、ものすごく甘くなりおいしくいただけます。)、ヨーグルトとか体に優しい食べ物をなるべく食べるようにしていました。

ちなみに、お腹の調子を整えるために、ヤクルトを毎日飲むようにしていました。

妊娠中も野菜を大量に取る

hourensou_spinach

ちなみに、妊娠中も和食中心の食事を取るようにし、特に野菜を大量に食べていました

そのおかげか高齢にもかかわらず、妊娠高血圧にもならず、血糖値もまぁまぁ安定していました。(少し不安定になるときもありましたが、お医者さんからは何も注意もされなかったので、問題なかったのでしょう。)

とても嬉しかったのが、「優秀ですね。」と、看護師さんから褒めてもらったとき。大人になってから褒めてもらう機会がほとんどなかったため、心の中で小躍りして喜んでいました。(笑)

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです!(*’▽’)
にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

体外受精⑧ 採卵に向けて卵を育てる
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑩夫くんの精子を何とかする
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑱お化け屋敷には行かない
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑳法事には出席しない
高齢出産について思う④命の尊さが分かる
高齢出産について思う⑥不妊治療して良かった?
体外受精の治療をはじめて思った事。「薬漬けになる」
体外受精⑩採卵後卵巣が腫れる
赤ちゃんを授かるために行った事⑮ 夫くんの精子をなんとかする
赤ちゃんが授かるように行ったこと㉛ 神だのみをする
不妊治療を行うにあたって決めてた事。専門医(プロ)に任せる
ポリープ・子宮筋腫摘出手術①おっぱい大事件
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑦のんびり歩く
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉖仕事を止めました
赤ちゃんだけの年賀状は要りません

Mid

HOME

TOP