赤ちゃんを授かるために行った事①赤ちゃんが来やすい適正体重ってあるの?

筋肉付き過ぎ

chikarakobu

私の体質は、いわゆる筋肉質

なんとなくですが、赤ちゃんを授かるには少し厳しい体質のようにうすうすと感じていました

運動するとすぐに筋肉が付きます。(男性ホルモンが少し多いのかもしれません。)

私が男だったら、さぞかしムキムキムッキーの筋肉男になっていたことでしょう。

何を考えていたのか、一時期腹筋を、毎日100回くらいしていたときがありました。

その時のお腹は、うっすらと6つに割れかけた状態。(上からお腹を見下ろした場合には、なんとなく割れているなーくらいにしか感じませんでしたが、鏡に映った自分のお腹を見たときには、くっきりと6つに割れて見えました。)

当時の私は、身長が約160㎝のあたりを行ったり来たり。体重は47~49キロの間うろうろするといった感じでした。

筋肉ががっちりと付いているもんですから、洋服をきると体が締まって見えるようで、よく「細いね~♪」と、おせじで言われてました。(ちなみに体脂肪で見るとやせ形ではなく、中肉中背の範囲に入ります。)

ふかふかのベッドにすると来やすいのか

akachan_bed

ふと、「カッチカチの固いベットでは、赤ちゃんがさぞかし寝にくいだろうなー、そんなベットじゃ来てくれないのだろうなー。」という考えが浮かびました。

やっぱり、ふかふかのベットの方が、赤ちゃんが喜んで来てくれるのではないかなと思い、赤ちゃんを授かるために、これからは筋肉を付けずに脂肪を付けようと思いました。

さっそく、体重を3~5キロ位増やすことに。(もちろん妊娠するために、体重を増やす以外にもいろいろと行っていました。)

そして、ふと思いました。

赤ちゃんを授かるためには、赤ちゃんがやって来やすい、適正体重というものがひょっとしてあるのではないかしらと・・・。どうなんでしょうねぇ。

にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたらものすごーく嬉しくなって、記事をばしばしアップしようと、やる気がモリモリと出てきます!よろしくお願いします!(*’▽’)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

関連記事

ポリープ・子宮筋腫摘出手術②お金と時間の無駄を避けるには
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉕子供がいる友達とは連絡をとらない
体外受精の治療をはじめて思った事。「薬漬けになる」
体外受精①「不妊治療止めます」
赤ちゃんを授かるために行ったこと㉓秘密で治療する
赤ちゃんを授かるために行った事⑮ 夫くんの精子をなんとかする
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑲リラックスを心がける
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑱お化け屋敷には行かない
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑦のんびり歩く
ポリープ・子宮筋腫摘出手術③手術前日。 手術は子宮鏡下手術で
ついに検査突入へ。「卵管造影検査」「子宮鏡検査」をする
体外受精⑦ 自己注射が嫌すぎて女医さんに泣きつく
ついに不妊治療専門病院へ行く
赤ちゃんを授かるために行ったこと⑳法事には出席しない
赤ちゃんを授かるために行った事⑭ 夫くんの精子をなんとかする

Mid

HOME

TOP