赤ちゃんが帰ってきた+「おっぱいマッサージは痛い」

赤ちゃん早く会いたいよ

baby_umaretate

赤ちゃんがうんちを飲んで、
緊急入院してから
3日ほど経ったでしょうか。
赤ちゃん、うんちを飲んでしまう!  参照

「とにかく歩くように」との病院の指示で、
ほうほうの体で病院内をウロウロと
歩く日々を送って
いました。

早く赤ちゃんに
会いたいな~。

考える事は
赤ちゃんのことばかり。

お散歩ついでに、
赤ちゃんが待機している部屋を
窓からのぞいてみます。

(ちなみにその部屋の前には
防犯カメラあり)

そこには
生まれたてほやほやの赤ちゃんが、

ベビーベッドの上で
すやすやと寝ている姿がありました。

当たり前ですが、いくら探しても
私の赤ちゃんはそこにはいません。

赤ちゃんは
いつ帰ってくるのだろうかと、
ため息をつく日々を送っていました。

おっぱいマッサージは痛すぎる

seitaishi_woman

赤ちゃんが帰ってくる日のために、
毎日おっぱいマッサージ

(+乳首をつまんで母乳を出す訓練)
をします。

看護師さんからの指導が
毎日のようにあるのですが、
これが本当に痛い

乳首をおもいっきり
「ギューッ」と引っ張ったり
絞り上げたりします。

おっぱいを出すのは、
本当に大変。

赤ちゃんを産んだら
すぐにおっぱいが

ピューピュー出るものだと
ばかり思っていましたが、
そうではないんですね。

おっぱいを出すのにも、
お母さんは努力をしないと
いけません

帝王切開での傷口の痛みも
幾分和らいできたというのに、

このおっぱいマッサージで
痛みがぶり返しそうな勢いです。

おっぱいマッサージで出てくる母乳を、
赤ちゃんが帰ってきたときのために、
冷凍保存してもらう
ことに。

看護師さんが
赤ちゃんが帰ってきた時のための、
ウエルカムドリンクに
しましょうねー。

とワクワクするような、
嬉しい事を言ってくれました。

赤ちゃんがついに退院する

job_josanshi

赤ちゃんがNICUのある
総合病院へ入院してから、
数日後のこと
でした。

赤ちゃんが元気になったので
退院できる
との、
嬉しい報告
が。

私も迎えに行きたかったのですが、
最終的に夫くんと私の高齢両親が、
赤ちゃんを迎えに行くことになりました。

何か嫌な感じが・・・

smartphone

赤ちゃんを迎えに行く日の朝、
携帯が鳴りました。

夫くんからです。

「あのさー、モリモリ母さんの
高齢両親が、
約束していた病院の

待合室にまだ来ないんだけど。
どうしたもんだろうねー。」

私「私の高齢父親の携帯に
連絡したらいいよ。」

夫くん「実はさー、
高齢父親さんの携帯番号
知らないんだよー。」

私「じゃぁ、
今から教えるからメモしてよ。」

夫くん「メモ用紙もボールペンも
持ってないよ。」

夫くん、なんだか呑気な感じで
しゃべっています。

私、ここでキレました。

「病院の人に頼んで、
ボールペン借してもらいなよ!(怒)」

電話を切ってからもしばらくの間、
本当に、全く、ぶつぶつ・・・
と怒っていました。

程なくして、
夫くんからまた電話が。

「あのさー、高齢父親さん電話に出ないよー。
どうしたもんかねー。」

私は両親に
何かあったのではないかと思い、

すぐに高齢父親の携帯と
実家に電話することに
しました。

「ぷるるるる・・・・」
なかなか電話に出ません。
何回もかけ直してもダメ。

何だか嫌な感じがしました。

ふと、「私と赤ちゃんは、
なかなか会うことが
できないように
なっているのかなー。
」と、

これまで起きた様々な出来事を
思い返しながら、

どんどんと気が滅入ってきました
前期破水!羊水が出てしまう 参照

とりあえず夫くんに、
「しばらく病院で待つように」と電話しました。

やっと会えたね!

akachan_mother

1人ポツンと病室のベッドの上に
腰掛けて
いました。

モヤモヤしながらも、
とりあえず何かをして
気を紛らわせておこうと思い、

部屋の中をぐるぐる歩くことに
しました。

まだ傷口が痛むので、
痛み止めを飲んでおきます。

1時間くらい経った頃でしょうか。

「トントン」
と病室のドアのノックの音と共に、
来たよ。という声が。

夫くんが入ってきました。

続いて高齢母親が
満面の笑みで、

赤ちゃんを抱っこしながら
入ってきました。

きゃー!!!
赤ちゃんがやって来た!!!

心の中で叫びました。
赤ちゃんは高齢母親の腕の中で、
すやすやと眠っています。

なんて可愛いんだろう!
やっと会えたね!赤ちゃん。

嬉しくて嬉しくて、
早く抱っこしたいという気持ちを抑えながら、
赤ちゃんの寝顔に見入っていました。

しばらくして、
高齢父親がやって来て、
私の顔を見るなりこう言いました。

いやー。
携帯家に忘れちゃってさー。
まいったよー。わははは!

私「・・・。

今まで色々とハプニングはありましたが、
赤ちゃんに会うまでの

ドラマティックな演出だと
思うことにしました。

これからは、
毎日赤ちゃんと一緒に過ごすことが
できます。

その時は赤ちゃんに会えた
ということで、ただただ嬉しくて
仕方がありませんでした・・・。

つづく・・・。

 

にほんブログ村 子育てブログ 体外受精から出産、育児へ
にほんブログ村


体外受精 ブログランキングへ

お手数ですが、 クリックお一つよろしくお願いします!クリックしてもらえると、ランキングが上がって、非常に喜びます。(*’▽’) by モリモリ母さん

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
デル株式会社

コメントを残す





は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。

Mid

HOME

TOP