ブログの管理人はこんな人

初めまして。

このブログは私の不妊治療→体外受精での妊娠、出産体験+αを書いたものです。

不妊治療を開始する前には・・・。

30代は夫くんと一緒に、共通の趣味の旅行をたくさん楽しみました。

Mont-Saint-Michel

実は私、集団行動が苦手なんです。(人混みも苦手・・・。)

なのでパックツアーではいつも人に気を使って、旅を思いっきり楽しむことができませんでした。

ある日、飛行機の往復チケットとホテルだけをインターネットで予約して、旅行が出来るということに“ハッ”(゚д゚)!と気が付きました。

そらからというもの、夫くんと暇を見つけてはお気楽バックパッカーとなり、世界中をぶらぶらと旅したりしていました。

英語がペラペラ?!

世界を旅してきたという事は、さぞかし英語ぺらぺらなのではないかしら?と思われたと思います。

残念!

私、英語ほとんど出来ませんでした。(当時英検3級レベル。)

身振り手振り+単語と度胸(+根性(?))で、世界を旅してきました。(しかし今思うと、そんな貧弱英語力でもちゃんと旅行できるんですから、非常にラッキーでしたね。)

オーダーとは違う物がやってくる

ある日の事でした。

某国で、食事を楽しんでいたときの事です。

オ-ダ-とは違うものがやってきました。

しかし、きっぱり「これは頼んでません(≧◇≦)!」と、英語で言えませんでした・・・。(泣)(英語の読み書きは得意でも、英語が話せない典型的な日本人だなーと妙に納得したりしていました。)

ウェイトレスの「これは食事に合うからいいでしょう?」とかいう訳のわからない言い訳に反論できず、結局全額支払う羽目に。(おまけにチップまでしっかりと払わされた(+o+))

さすがに、こんな情けない英語力ではいけないと思い、奮起して英語の勉強を始めました。(数年後、英検準1級を取得できました。)

しかし今でも全然ぺらぺらではなく、英語では非常に苦戦しております。(最終目標は、英語ぺらぺら+英検1級取得です。 パスポートとお金と、そしてカバンひとつで世界中を旅できるよう、サバイバル英語習得です。)

そんなこんなで、のほほんと生きてきました。

赤ちゃんはいつやって来る?

いつの日からか、赤ちゃんという言葉がいつも頭に浮かんでは消えて行くようになりました。

結婚したら、赤ちゃんがすぐできるもんだとたかをくくっていたら、全然出来ない。

友達や会社の同僚は結婚したらすぐに妊娠し、出産報告がやって来る。

しかし、私は結婚してずいぶんと経ったのに、全然妊娠の兆候もない。

「何かおかしいなー、変だなー。」と思いつつも、「赤ちゃんはいつかはやって来るだろうとなー。」と、のんびり構ええていました。

しかし、のんびりし過ぎて、あっという間に30代後半になってしまいました。(;・∀・)

ついに不妊治療開始

慌てて不妊治療を開始したのですが、これが想像以上にものすごく辛く大変でした。

毎日武者修行しているようでした。何回も逃げ出そうと思いました(実際逃げ出した経験あり。( ;∀;))

iryou_chusyaki

しかし、赤ちゃんがやってきてくれるのを夢みて、頑張って治療を受けてきました。

タイミング法→人工授精→体外受精とテンポよく、ステップアップをしていきました。

1回の移植で着床できました。

その結果ラッキ-なことに、最後の体外受精では1回の移植で着床でき妊娠・出産する事が出来ました。

女医さんに指導を受けながらも、私自身もいろんな情報源にアクセスして体質改善を行ってきました。

最後の体外受精では、全ての卵子が100%受精・分割していた。

最後の体外受精では、精子・卵子の状態が一番良く、すべての卵子が100%受精でき、きれいに分割していました。

(ちなみに全採卵時、空胞は一つもありませんでした。

その甲斐も合って、妊娠・出産できたのだと思います。

この私自身調べて行った事柄も、ばしばし掲載していく予定です。

そして妊娠を告げられた時・・・。

不妊治療を歯を食いしばって頑張ったある日、不妊治療専門病院の女医さんに「妊娠しましたよ。」と告げられました。

嬉しかったのと同時に、妊娠に関する知識がほとんど無いということに気が付き、慌てふためきました。

なので、不妊治療編→妊娠編→出産編→子育て編と見ていただくことで、(ひょっとしたら、私のように慌てる事が少なくなるかもしれません。当時妊娠中、チョコレートを食べてもいいのかも分からない状態でした・・・。)何かの参考にしていただければ嬉しく思います。

ただし、私の場合、穏やかなマタニティーライフ・出産ライフというわけにはいかなくて、色々とあり過ぎました・・・。

さすが高齢妊娠・出産だなーと変なところで感心したりしていました。(汗)

「まぁ、そんな非常事態が生じることもあるのかもねー。」くらいの感じで見ていただけたら有り難いです。(*゚∀゚)

今では可愛い赤ちゃんと一緒に楽しい+嬉しい>毎日ふらふらよぼよぼよれよれのお疲れさん。といった日々を過ごしています。

そんな私の不妊治療体験+αをつづっていきたいと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Mid

HOME

TOP